オテル・ド・パリ・モンテカルロがリニューアルを開始します。

 
 

オテル・ド・パリ・モンテカルロは2014年10月6日より、リニューアルプログラムを開始します。これによりオテル・ド・パリが、さらなる上を目指す高級ホテルとして顧客の皆様にご満足いただけるホテルに生まれ変わることをお約束します。

 

リアル・チャレンジ

 

2014年10月6日は、SBMグループのモンテカルロにある星付きホテル、オテル・ド・パリの150年の歴史の中で最も記憶に残る日のうちの一日となるでしょう。4年の歳月をかけて計画してきたリニューアル・改装プログラムを立ち上げ、これが完成した暁には、フランソワ·ブランの夢である「これまでに作ってきたものを超越するホテル」として新たな面が加わることとなります。

 

これは、関係するもの皆にとり、大きなチャレンジであります。ホテルは、この期間、規模を縮小しての営業となります。しかし、最高のコンディションでお客様をお迎えするためにも、そのための準備期間として、2014年10月6日から12月中旬までの間、2ヶ月程、休館とさせていただきます。

 

リニューアルの期間中にも、ホテルのお部屋53室とスイートにはご宿泊いただけます。

 

ホテルの完全なリニューアルオープンは2018年9月を予定しております。

 

展示中のリニューアルプログラムのイメージは「冬のスポーツ」の設定です。

 

Hôtel_de_Paris_Monte_Carlo_renovation_cour_interieure

メジャー・イノベーション

 

リニューアルは、共有エリアとサービス設備を再構築し、施設全体にかけて行います。 総面積は、現在とほぼ同じですが、客室とスイートの面積を大きくし、スイートの割合を増やします。

 

メジャー・イノベーションでは、建物の中心に中庭を造り、屋上スペースをより有効に利用するため、新しくフィットネス、スパ、プール、最上級のスイート、および独自のプライベートプールとお庭がついている「屋上の別荘」として生まれ変わります。これらの改装、創造により、オテル・ド・パリが、さらなる上を目指す高級ホテルとして顧客の皆様にご満足いただけるホテルに生まれ変わることをお約束いたします。

Hôtel_de_Paris_Monte_Carlo_renovation

 

カフェ・ド・パリ の正面にある、ホテルの歴史的なファサードは、そのまま残ります。その伝説的なロビーとワインセラー、そしてホテルを象徴するアメリカン・バーサル・アンピールルイ・キャーンズグリルはこの先も変わることなく営業を続けます。

 

これらは、環境を破壊しない開発を約束するSBMの公約に沿って、プロジェクトはBREEAM基準(建築研究所設立環境アセスメント法)を遵守しています。

 

建築家である、リチャード·マーティネットとガブリエルバイオーラは、ホテル··パリの精神を後世に残し、より素晴らしいものにするという重要な課題を担っています。

彼らは、前任者ジュール·ローラン・デュトルとエドゥアール·ジャン・ニエルマンの伝統を受け継ぎ、21世紀に新たな芽として、その伝説は花開き、生き続けるのです。

 

 

 

オテル・ド・パリ・モンテカルロの最新ニュースは、フェイスブックでご覧ください。