Monte-Carlo Bay(モンテカルロ・ベイ)とMonte-Carlo Beach(モンテカルロ・ビーチ) がGreen Globe(グリーン・グローブ)に今年も認定されました。

 
 

2016年6月2日、Monte-Carlo Bay Hotel & Resort (モンテカルロ・ベイホテル&リゾート)とMonte-Carlo Beach Relais et Châteaux(モンテカルロ・ビーチ・ルレ・エ・シャトー)は、3年連続で、環境保護において栄誉あるGreen Globe(グリーン・グローブ)認定を授与されました。

 

Monte-Carlo Beach(モンテカルロ・ビーチ) Monte-Carlo Bay(モンテカルロ・ベイ)

モンテカルロ・ソシエテ・バン・ド・メールの持続可能な発展への活動

この世界的に知られる認定証の取得は、2007年に始めたモンテカルロ・ソシエテ・バン・ド・メールの持続可能な発展活動に対し授与されました。現在、グループは、2014年からMonte-Carlo Bay(モンテカルロ・ベイ)、Monte-Carlo Beach(モンテカルロ・ビーチ)、2016年1月からThermes Marins Monte-Carlo(テルム・マラン・モンテカルロ)と3つの施設に対しグリーン・グローブ認証を受けています。

継続的な改善の精神に対し認定授与

Green Globe(グリーン・グローブ)は、 グリーン・グローブは、ラグジュアリーな旅行や観光産業のために考案された国際的に認められた公認プログラムです。更新されるには、認定施設の継続的な改善活動を必要とする《CSR》(企業の社会的責任)を守っていく必要があります。 

チームの強いコミットメント

2つのホテルは環境保護憲章を掲げ、各施設に対し具体的な活動を行い、継続可能なアプローチを進めるために作られたチームを結成しています。

 

GreenTeams(グリーン・チーム)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

Monte-Carlo Bay(モンテカルロ・ベイ)は、《ベイ・グリーン・チーム》を結成して、効率的なエネルギー100%節約型の照明の導入、環境に優しい輸送システム、水の消費量制御、廃棄物の管理など様々な活動に力を入れています。施設は、慈善団体と協力し様々な活動を行うことで社会的責務を果たしています。

 

Monte-Carlo Beach(モンテカルロ・ビーチ)は、《ビーチ・グリーン・スピリット・チーム》により、 « Beach goes bio ! »(ビーチ ゴーズ ビオ!:海はオーガニックへ!)というキーアクションを核とする環境マネジメント活動を展開しています。ミシュランスター付きレストランElsa(エルザ)の「100%オーガニック商業レストラン」の認定証の取得とともに、シェフPaolo Sari(パオロ・サリ)は、果物や野菜など現地生産品を使用した完全オーガニックメニューを提供しています。

 

これらのすべての活動は、公国の取り組みに沿ったものであり、お客様及びパートナーものとで積極的に任務として活動を行い、これらのコミットメントの価値を高めるモンテカルロ・ソシエテ・デ・バン・ド・メールの持続可能な発展戦略の一部です。