グリマルディフォーラムでWeekend of a Champion の上映会

 
 

ハノーファー王子妃カロリーヌ公女の多大な後援の下、モナコの映像アーカイブが編集されました。12月16日の20:00よりローマン・ポランスキー監督出席のもと、ドキュメンタリー映画「Weekend of a Champion-チャンピオンの週末」がモナコ自動車クラブの協賛で特別上映されます。この映画は、2013年カンヌ映画祭で最初に世界に公開されました。

 

カーマニアの映画監督ローマン ポランスキーは、スコットランド人のレースドライバーで1969 年のF 1 ワールドチャンピオン、ジャッキー スチュワートの友人でした。スチュワートは、当時彼の2番目のタイトルを勝ち取る途上にあり、ポランスキーは F1 グランプリの開催される週末の間、彼を撮影する許可を得ました。それは、1971 年モナコグランプリの間のことでした。スチュワートはついに勝利を収め、 映画監督のカメラは、レーストラックの内外での、チャンピオンの喜びの絶頂の瞬間を克明にとらえました。1972年、「Afternoon of a Champion-チャンピオンの午後」と名付けられたこのフィルムは、ベルリン映画祭の最優秀ドキュメンタリーフィルム賞を受賞しています。しかしこのフィルムは商業的に一般公開されませんでした。
 

2009年、破壊される寸前だったロンドンラボラトリーのアーカイブの中から発見された、この忘れられたフィルムは、ポランスキーとHervé de Luze(エルベドゥルーズ)をはじめとする彼のチームの協力により再編集され、ジャッキー スチュワートとの40年ぶりの再会によって完成されました。
 

成功の頂点を謳歌する優秀なレーサーの私生活を、親しい目線でとらえた貴重な瞬間を集めた作品です。40年ぶりに再会したポランスキーとスチュワートは、今ではスポーツの有りようがすっかり様変わりしたことなど、ブランクを感じさせないほど自然に、親しく語り合いました。

 

> フィルムのトレーラーの閲覧はこちらから 

 

 

インフォメーション/ご予約:

料金:1シートにつき 6 ユーロ
電話: (377) 99 99 30 00
電子メール:

> オンラインでの席の予約はこちらから