アラン・デュカスとともに「歴史はこれまで以上に美しく続いていきます」

 
 

本日、待望のレストランが、数ヶ月のリニューアル工事を経て、その扉を開きます。メニュー、料理、インテリア、名前、アイデンティティ、ユニフォーム等、オテル・ド・パリのアラン・デュカスの世界が変わります。(以前のル・ルイ・キャーンズ−アラン・デュカス)

 

リビエラをそのままに

 

産地直送品、味、色、すべてがそこにあります。魚は地元の釣り師が釣ったばかりのもの、ハーブ、野菜は内陸の新鮮なものを使用しています。

地中海地方からの同じメロディを継承しつつ、語りは完全にリニューアルされたものとなっています。シェフであるDominique Lory(ドミニク・ロリ) とAlain Ducasse(アラン・デュカス)のメニューは、その確かな味はそのままにモダンでフレッシュさを取り入れました。

 

ソムリエ

 

オテル・ド・パリでのアラン・デュカスのシェフソムリエであるGérard Margeon(ジェラール・マルジョン)、Noël Bajor(ノエル・ベイジャー)の協力を得て、世界で最も美しいカーブの一つであり、リビエラ地方の素晴らしい製品と豊富なワインを所蔵するカーブからワインメニューを作りました。

 

サロン:お客様を魅了する場所

  

レストランのホールマネージャーであるMichel Lang(ミシェル・ラング)がその素晴らしい手腕で切り盛りするサービスのバレエの拠点は、豪華な調度で構成され、サロンの中心「オフィス」にあります。これは、デザイナーである、パトリック・ジュアン(Patrick Jouin)とサンジ・マンク(Sanjit Manku)が手がけました。

この中央の素晴らしい調度は、アラン・デュカスが手がけるパン、デザート、アイスクリーム、シャーベット、そしてコーヒーやリキュールをサービスするためのものです。

 

インテリア

 

レストランの新たな姿は、インテリアをデザインしたパトリック・ジュアン(Patrick Jouin)とサンジ・マンク(Sanjit Manku)が、リビエラの繊細な生き方からインスピレーションを得たものです。モダンなタッチとアラン・デュカスの料理のハーモニーをお楽しみいただけます。

 

 Alain Ducasse à l’Hôtel de Paris 

アラン・デュカス・ア・オテル・ド・パリ

Place du Casino - MC 98000 Principauté de Monaco

電話番号: +377 98 06 88 64
ファックス: +377 98 06 59 07
Eメール: