アルプ・マリティームの博物館

 

100以上の博物館の点在するフランスのリビエラは、重要な文化的遺産の宝庫です。
グラスからマントンまで、様々な時代と様式の素晴らしいコレクションがお待ちしています。

Musée International de la Parfumerie


国際香水博物館

グラス

1989年にオープンしたこの博物館は、グラスが大いに貢献している香水の技術の進化と、4000年の歴史をたどります。

> 国際香水博物館についての詳細情報 

 

Musée Picasso

 

ピカソ美術館(アンティーブ) と  国立ピカソ美術館(ヴァロリス)

アンティーブとヴァロリス

第二次世界大戦後、パブロ・ピカソは、フランスのリビエラに移り住み、創作の場としました。地中海への強い愛着が、アンティーブに、そして、カンヌとムージャンに移る前に、ヴァロリスへと彼を引き寄せました。2つの博物館は彼の作品を収蔵しています。  

> アンティーブ、ピカソ美術館 とヴァロリスの 国立ピカソ美術館-戦争と平和 についての詳細情報

 

Musée Ferdinand Léger


フェルナン・レジェ美術館

ビヨ

創立以来50年以上を経た今、国立フェルナン・レジェ美術館は、この画家の作品のひとつのリファレンスとなりました。 .

> フェルナン・レジェ美術館の詳細情報
 

Fondation Maeght

 
マーグ・フォンダシオン(財団美術館)

サンポール・ド・ヴァンス

マーグ・フォンダシオン(財団美術館)は、自然に囲まれた素晴らしい場所に位置しています。コンテンポラリー・アーティストの作品と並び、現代20世紀の、絵画、彫刻、スケッチ、グラフィックアート作品の、ヨーロッパでも最も重要なコレクションを所蔵しています。

> マーグ財団美術館の詳細情報

MAMAC


ニース現代&コンテンポラリーアート美術館 (MAMAC)

ニース

この美術館の芸術的テーマは、ヨーロッパの新写実主義とアメリカのアッサンブラージュ(立体組立)芸術およびポップアートとの相互作用に焦点をあてています。

> ニースのMAMAC の詳細情報

 

Musée Matisse


マティス美術館 

ニース
1890年の初期の作品から晩年のグワッシュ切り絵へと、マティスの芸術的進化、発展、色とスケッチのスタイルの研究というテーマに沿ってコレクションされています。

> マティス美術館の詳細情報
 

 Musée Marc Chagall


マルク・シャガール美術館

ニース

マークとヴァレンティナ・シャガールによって、フランス政府に寄付された、「聖書のメッセージ」とその準備作品、ならびに聖書のためのグワッシュ・シリーズを展示するため、この美術館は1973年に開館しました。1987年にコレクションは完成しました

> マルク・シャガール美術館の詳細情報
 

Villa & Jardins Ephrussi de Rothschild


エフルッシ・ド・ロスチャイルド・ヴィラ&ガーデン

サンジャン・カプフェラー

サジャン・カプフェラー半島で最も狭い場所に位置するこのヴィラは、フランスのリビエラで最も美しい別荘の1つです。  

> エフルッシ・ド・ロスチャイルド・ヴィラ&ガーデンの詳細情報
 
 

Villa Kérylos


グリック・ヴィラ・ケリロス

ボーリュー・シュル・メール

アンティーク文化のダイナミックな景観をとどめながら、ヴィラ・ケリロスは、歴史とフランスのベルエポックの名残に包まれた、不思議な雰囲気の漂うヴィラです。

> グリック・ヴィラ・ケリロスの詳細情報 
 

Musée Océanographique de Monaco

モナコ海洋博物館

モナコ、 モンテカルロ

モナコ海洋博物館は、1889年にアルバート1世(1848-1922)によって設立された海洋博物館です。6000種以上の海洋生物が、忠実に再現された自然の生息地の中で展示されています。

> モナコ海洋博物館の詳細情報
 

Musée Jean Cocteau

 
ジャン・コクトー博物館

マントン

マントンのジャン・コクトー博物館は、1963年に亡くなった、この芸術家であり詩人に捧げられた、真実の記念博物館です。ジャン・コクトーは、その死の前にマントン港の古い要塞を改修して博物館に変えました。

> ジャン・コクトー博物館の詳細情報