歴史

 

最古の先史時代や古代から、モナコのロックとその天然の良港は、原始種族の避難所として、 後には東方からの航海者 のための指針として役立っていました 。紀元前6世紀に定住したリグリア族 が、この地をモナコと名付けました。

 

7世紀にわたって、グリマルディ家が、モナコ公国を統治しています。この驚くべき長期統治は、 モナコ王室と モナコの人々 との国家的な融合の良い例を表しています。

 

宗教と世俗の伝統はいまだに息づいています。宗教的な儀式と、それに続く人気のフェスティバルが、時には重複することもあります。けれども、宗教的伝統は、モネガスクの集団的な記憶の中で、他の伝統よりも深く根付いています。それは道徳や社会·文化遺産において、不可欠で排他的な部分を形成しています。さらに、その小さな規模にもかかわらず、モナコ公国は、非常に豊かな建築遺産を誇っています。

 

独立主権国家モナコ公国は、地中海に面しており、アルプ-マリティームのフランス側、(西から東へ、キャップダイユ、ラ・トゥルビー、ボーソレイユ、ロクブリュヌ-キャップマルタン)のいくつかの自治体と接しています。

 

その表面積はほぼ487エーカー、そのうちの100エーカーは過去30年間海であったとされています。モナコは、狭い沿岸帯に沿って広がり、ほぼ垂直な斜面が海抜163mまで上昇することもあります。その幅は1.05mから350mと異なります。海岸線は4100mの長さがあります。

 

公国は、その国境を国家と同じくする、単一の自治体、モナコからなります。冬は穏やか、夏は過ごしやすい、素晴らしい気候に恵まれています。一年の平均気温は16℃で31℃まで上昇し、日照時間にも恵まれています。

 

フランス語が公用語ですが、英語とイタリア語もよく話され、理解されます。モナコ語は、今でも “お年寄りの方々”の間で使用され、公国の学校では児童に教えられています。

 

モナコは世界の国々と調和して生きており、125の異なる国籍の人々を受け入れています。その住民の40%がフランス人、17%がイタリア人、5%がイギリス人です。

 

1999年1月1日以降、通貨ユーロがモナコで使用可能になり、2002年1月1日以降、ユーロの硬貨や紙幣が、モナコの法定通貨として流通するようになりました。

 

その起源から13世紀

0}最古の先史時代や古代から、モナコのロックとその天然の良港は、原始種族の避難所として、後には東方からの航海者のための指針として役立っていました。紀元前6世紀に定住したリグリア族が、この地をモナコと名付けました。

 

フェニキアの後、紀元前2世紀から5世紀にかけて、ローマ人がこの地域に移ってきました。彼らはモナコの海岸を使用し、地名の由来となる “ポルタスヘラクレス モノエシ「ヘラクレスの一軒屋の港」”(ポルト·ダルキュール)と名付けました。

 

6世紀初頭から10世紀末の間、この地は多くの侵略を受けました。これは、プロヴァンス伯爵がサラセンを撤退させるのに成功した975年まで続き、この年を境に、新たな時代が始まりを告げました。

 

1162年で、リグーリア海岸(ポルトヴェーネレからモナコ)へのジェノヴァ共和国の権限が、皇帝フリードリヒ1世、赤髭王バルバロッサにより認定されました。1191年に、ついに皇帝アンリVIは、その港と隣接する土地とともにモナコのロックを、ジェノヴァの領地として認めました。ジェノヴァ人は、ロックの上にコロニーを設置し、1215年、共和国の西の国境となった砦を設立しました。

 

700年続く王朝

1270年には、ジェノヴァで内戦がおこり、ゲルフ(ローマ教皇派)とギベリン、(神聖ローマ皇帝派)が戦いました。ギベリン派の勝利の後、グリマルディ家を含む、多くのゲルフ派は国外に亡命しました。忍耐の末 ジェノヴァ貴族のこの強大な一族は、歴史の計略に逆らって、中世の初めにはモナコのロックに落ち着きました。

 

13世紀から19世紀へ

 

ゲルフに強いられた亡命への返答として、1297年1月8日、 “マリッツィア”と愛称で呼ばれる、フランソワ·グリマルディが率いる軍隊によって、モナコの要塞は見事奪還されます。

 

ゲルフのリーダー、シャルル·グリマルディは、1331年9月12日にロックを占領しましたが、そのタイトルは、1342年に”モナコ領主”としてみなされたに過ぎませんでした。

 

1346年と1355年には、グリマルディ家は、マントンとロクブリュヌの荘園と領地を取得しました。モナコとともに、これら荘園は1633年から1861年の間、公国の領土に含まれるようになりました。

 

1454年、ジャン1世は、その死の前に遺言の中で、次の5世紀にわたってモナコの家が継続するための基礎を構成する、幾つかの基本的な取り決めをしました。彼は、長子相続の順序に従って男性の子孫が家を継承することを法令として布告しました。男性の子孫がない場合にのみ、女性はその息子がグリマルディの名を継ぎ軍人となることを条件に、家を継承することを許すとしました。

 

15世紀の間に 、荘園は特にサヴォイ公爵に、1512年にはフランスの王によって承認されました。ジェノヴァへの隷属的関係は、このようにして全て解消しました。1458年から1494年まで、モナコの荘園領主であったランベール・グリマルディは、フランスのシャルル八世の参事官および侍従となり、国家の最高レベルでのこの特権的関係は、レーニエ1世とシャルル1世の活動を広げることとなりました。

 

 

同盟により、モナコ君主はフランスにより接近しナポリと戦いました。1524年から1641年の間は、スペインの保護の下に置かれ、その後ペロンヌ(1641)の条約で、フランス王ルイ13世により、最終的にモナコ公国はフランスの影響下に再配置されました。

 

1633年、スペインの公文書保管局は、1612年という早い時期からオノーレ2世が公正証書に署名する際に使っていた「モナコの皇子」のタイトルを承認しました。ペロンヌ条約では、オノレ2世およびその息子に、ル・バランチノワ、カルラデス、レ・ボーおよびサン·レミの領地が帰属することを宣言しました。1678年12月、ルイ1世も “ルイ法典”として知られる公国の法律上の法令を公布しました。1793年の”フォートドーベルキュール”のフランスへの併合が最後ではなく、皇子の権利と特権は1814年のパリ条約まで復元されませんでした。

 

19世紀から現在まで

2国間の関税同盟の創設のために提供された1章を含む条約で、1862年2月2日、シャルル3世は、マントンとロクブリュヌへの権利をフランスに売却しました。これは、1865年に締結されました。

 

Société des Bains de Mer(ソシエテ・デ・バン・ド・メール)は、カジノとともに、1856年に創立されました。1866年、いくつかのホテルが Plateau des Spélugues に建築され、”モンテカルロ” (当時の皇太子の名前にちなみ”マウント-シャルル”)と名付けられました。

彼の息子である、”ナビゲータープリンス”、または “サイエンスプリンス”の異名を持つアルバート1世には、20世紀の夜明けにライフサイエンスにおいて大きな進歩を達成するための責任がありました。

 

1910年、皇太子アルバート1世は、彼がパリに設立した海洋研究所へ残した遺言として、モナコに有名な海洋学博物館を設立しました。

 

1911年、彼はモナコの憲法構造を制定しました。全ての上記の研究に捧げられた人類古生物学研究所は、1920年にパリで発足しました。

 

1922年、皇太子ルイ2世が次の王位を継承しました。彼の治世下で、1933年モナコの法医学委員会が設立され、1949年のジュネーブ諸条約のベースとなる概略を考案しました一方で、1948年7月8日に、公国は世界保健機関(WHO)の一員となりました。

 

1949年、皇太子レーニエ3世が王位につきました。彼の治世は、公国を最も大きく変化させるものでした。政治、外交、国際関係、経済、社会分野だけでなく、教育、スポーツ、ヘルスケア、科学、文化、コミュニケーション分野においても、3代前の統治にさかのぼって続けられてる様々な活動を、集中化し多様化しました。彼はまた、公国に産業分野を追加しました。

1962年12月17日、彼は新憲法を公国に公布しました。

 

1993年には、モナコは国連の加盟国となります。

 

2004年10月5日、6年間の手続きの後、モナコ公国は、第46番目の加盟国として、欧州評議会に参加しました。ストラスブールの公式式典では、彼の父レーニエ3世の名代として、アルベール王子が、「欧州評議会へのモナコ公国の参加は、すべての国民同様、私にとっても、正当な満足と誇りです」と宣言しました。「各国の持つ豊かな多様性による、崇高な志に触発された機関に、モナコ公国が受け入れられたことを非常に嬉しく思います。」

 

 

  

 

 

Dive into the legend of Monte-Carlo SBM!

From the birth of a legend until the present day,

discover the fascinating past of Monte-Carlo

and its prestigious heritage on our Monte-Carlo Legend website

.