モナコ F1 グランプリ

 

モナコ グランプリは、1929年以来、モナコ公国で毎年5月に開催される、最も格式ある、長い歴史を誇る有名な自動車レース競技です。

 

モナコ F1 グランプリの黎明期

Monaco Formula 1 Grand Prix  1925年、スポーツカー&モナコ自動車協会が、モナコ自動車クラブと改名し、現在の国際自動車連盟(FIA)に登録申請使用と決定した時、すべては始まりました。しかし、モナコの国土が余りに狭いこと、自国内でのレース経験を持たないことを理由にその申請は却下されてしまいます。
 

そこで、これを覆すため、明らかな困難 (階段、舗道、手すりなど) にもかかわらず、モナコの町の中心にサーキットを作ろうという、素晴らしいチャレンジが開始されました。このプロジェクトは、ルイス・シロン (モナコ出身、サーキットの性能を的確に評価することができた戦前最も有名だったレースドライバーの一人)に与えられました。

 

彼はその後開発費の調達などを行う Société des Bains de Mer (ソシエテ・デ・バン・ド・メール)によって後援を受けました。

モナコ グランプリの歴史についての詳細は、モンテカルロ伝説をご覧下さい。

 

比類無く素晴らしいサーキット

サーキットは、モナコのピーター皇太子によって1929 年に開始され、驚くことにそれ以来ほとんど変わっていません! カジノ広場を通り、 Hôtel Hermitage Monte-Carlo (オテル・エルミタージュ・モンテカルロ)、 Casino de Monte-Carlo (カジノ・ド・モンテカルロ)を走り抜けたあと、 Hôtel de Paris Monte-Carlo (オテル・ド・パリ・モンテカルロ)Café de Paris (カフェ・ド・パリ)の間を走り去ります。

すべての F1 レーサーが一度は優勝を夢見る、一段と優れた伝説のレースコースとなりました。F1 世界選手権中最も速度の遅いサーキットであるにもかかわらず、最難関コースの1つとして知られています。
モナコのレースコースの運転には、特にレースのために一時的に作られた手すりのために、巧みさ、制御力、そして落ち着きが必要となります。

 

素晴らしいF1 ドライバーによるレース

レース中に前方の車を追い越すことがほとんど不可能であることから,前日の予選が特に重要になります。ファン・マヌエル・ファンジオ、フェルナンド・アロンソ、キミ・ライコネンはもちろん、アイルトン・セナ (史上最高の F1 ドライバーの一人で、モナコグランプリでは 6 回の優勝経験を持つ)、グラハム・ヒル、アラン・プースト、フェラーリの赤で有名なミハイル・シューマッハなど、モナコでの優勝は、真に優れたドライバーだけに与えられた名誉です。

 

 

モナコF1グランプリは、F1世界選手権の中でも最もシンボリックなイベントのひとつとなっています。F1のライブ観戦は、あらゆるパッションや放出されるオーラを肌で感じることができる、特別で忘れられない経験となります。

 

F1 グランプリ 統計

ラップ数: 78
サーキットの距離: 3.34 km
レースの距離: 260.52 km
ラップ記録: ミハイル シューマッハ (フェラーリ)  1分14秒439  2004年 (62回 モナコ GP )
サーキット記録: フェルナンド アロンソ (ヴォーダフォン マクラレン メルセデス)  1時間 40分29秒329 平均時速155.551 km  2007年 (65回 モナコ GP)
観客数: 100,000

 

詳細情報は、モナコ F1 グランプリ公式ウェブサイトをご覧下さい。

 

モナコF1グランプリのビデオはこちらからどうぞ!