Marcel Ravin (マルセル ラヴァン)

 

その革新的な料理のスタイルで1つ星を獲得した Marcel Ravin(マルセル・ラヴァン) は、モナコが誇る素晴らしいレストランBlue Bay(ブルー・ベイ)でシェフとしてチームを指揮しています。

Marcel Ravin(マルセル・ラヴァン)モダンで最高にトレンディなMonte-Carlo Bay Hotel & Resort(モンテカルロ・ベイホテル&リゾート)のシグネチャーレストラン Blue Bay(ブルー・ベイ)は、多国籍料理の舞台であり、マルセル・ラヴァンの名人芸が誘う味覚の探検への招待です。シェフはオープンキッチンからダイニングルームに常に気を配り、味覚と視覚を楽しませる料理に最後の仕上げをします。

 

Marcel Ravin(マルセル・ラヴァン)は、リヴィエール=サレのCFA(専門学校)を卒業し、17歳で祖国マルティニークからフランスに来て以来、急速に力をつけていきます。アルザスでそのキャリアを開始し、ミシュランスターを獲得したリレー&シャトーホテル、そしてフランス東部の様々なレストランでその料理の技を完成させました。25歳の時に、客室数40室の4つ星ホテルのシェフとしてアンティルに戻り、その後、島で一番のグルメレストランで、ゴー・ミヨのゴールデンキーを獲得します。

 

30歳になるとフランスに戻り、ナンシーのビストロケット(ミシュラン1つ星)のスー・シェフとなりました。この経験を経てリヨンに移り、エグゼクティブ・スー・シェフとして、メリディアン・パル・デューのグルメレストラン、ラルク・アン・シエルをオープンさせます。

ホテル業界でのトップレベルのレストランと宴会管理において豊富な経験を身に付けたMarcel Ravin(マルセル・ラヴァン) は、その後ブリュッセル・メリディアンのシェフ・デ・キュイジーヌ(料理長)に指名され、特に、Epicerie (エピセリー)レストランでは、その才能が花開いていきます。

 

カリブ生まれの青年が、地中海に面した Monte-Carlo Bay Hotel & Resort (モンテカルロ・ベイ・ホテル&リゾート) でエグゼクティブ・シェフとしてその道を歩み始めたのは2005年でした。ここでは l’Orange Verte(ロランジュ・ベルト)、夏のレストラン Las Brisas(ラス・ブリサス)そしてこの四つ星リゾートで行われる多くのバンケットなど、海を臨むコート・ダジュールを堪能できるこの場所で様々なタイプのメニューを味わうことができます。Monte-Carlo Bay(モンテカルロ・ベイ)の初代のゼネラルマネジャーであるセルジオ・マンジニからの申し出を受ける形で、祖国から戻ったマルセル・ラヴァンは、彼の祖国アンティルの料理のスタイルにフランス南東部の大地と海の恵みをフュージョンさせる形でモナコへの愛情を表現します。

 

 

アン県ミヨネのアラン・シャペルで修行をし、モナコにその身を捧げたフランスランド県出身のアラン・デュカスのように、マルセル・ラヴァンもまた、カリブならではのオリジナルの祖国の味、スパイス、地元の食材、レシピを取り入れています。これがモンテカルロ・ベイのシェフがその素晴らしく感動的な自伝書 「D’un Rocher à l’autre: itinéraire d’un chef(岩から岩へ:あるシェフの日記)」 (La Martinière出版)で《son palais mental:彼のメンタルパレス》と語る所以です。

 

7年の間に、過去の経験、彼にとってのプルーストのマドレーヌ(Madeleine de Proust:過去の大切な記憶が突然蘇る様)やコート・ダジュールの多種多様な要素が混ざり合った結果によりヒューマニストたるラヴァンのアイデンティティが形成されました。このため、 2015年に初の ミシュランスターを獲得するまで大きなホテルのブルー・ベイでの多彩で象徴的なメニューを持つ彼の料理のパーティションは、海に面し、グルメのお客様を構築してきました。

マルセル・ラヴァンは、彼のアンティルのレパートリーをその独自の手法で変化させ、求める味の真の核に不足している様々な作用を最大限に引き出します。 オーブンの湿度を保ちながら焼く鱸のロティのタマキビガイとライムのソース、ドラードのポピエット 野菜とベーコンのナンチュアソース、タルボットロティ アーティチョーク添え、アーモンドスパイスとイチジク ハイビスカスを添えて、オーガニック鶏卵の黒トリュフ香るキャッサバ パッションフルーツソース(様々なパッションフルーツ)、彼の現在の傑作メニューは、カカオの風味香る鳩のロティ、リゾット風ブルグルとセップ茸。これらはすべて地中海の大きなホテルで使用されたレパートリーに変身したもので、そしてこれらはすべてモナコのグルメの舌を満足させモンテカルロ・ベイのブルー・ベイを一躍有名にしたメニューです。

心をこめて誠実に料理を作る。マルセル・ラヴァンは、リスクと革新を常に見据えるその熱い眼差しで何度も問いかけます。勉強熱心なその姿勢により彼はヨーロッパではまだ稀な創作料理の魅惑的な岸に向かって 前進し続けます。そしてその姿は、モナコの岩の上にあるはずです。

 

Facebookページ または彼の著作 D’un Rocher à l’autre: itinéraire d’un chef(岩から岩へ:あるシェフの日記)を通して、マルセル・ラヴァンの世界をのぞいてみてください。