Franck Cerutti (フランク セルッティ)

 

エグゼクティブ・シェフ・ド・キュイジーヌ –  Hôtel de Paris Monte-Carlo (ホテル・ド・パリ・モンテカルロ)と Le Louis XV-Alain Ducasse (ル・ルイ・キャーンズ-アラン デュカス)

franck cerutti フランク セルッティは、ニースの田舎の村で、自然に囲まれて幼児期を過ごしました。故郷であり現在も在住するニースの、リセ(ハイスクール)で、ホテルについて学びました。

 

彼は、ネグレスコでジャック マクシマンとともに、素晴らしいキャリアのスタートを切りました。イタリア出身であり、イタリアへの愛情と彼の専門の経験が幸いし、彼は、フローレンスのエノーテカ ピンキオーリの第2シェフとしてのポジションを与えられました。

1980年、 ジュアン・レ・パンのル・フアナでのアラン デュカスとの出会いは、彼の運命を決定付けました。この偉大なシェフが手がけるすべての冒険に彼は参加します。
28年間アランの側で働き、1996年以降は、Le Louis XV (ル・ルイ・キャーンズ)の厨房でチームを率いています。 

 

変わりゆく季節とマーケットの食材は、南部のあらゆる味と香りを賛美する彼のメニューに影響を与えます。彼の熱意、厳しさ、意気投合の感覚は、地中海の精神をまさに反映しています。彼は、アラン デュカスと並んで、太陽に溢れ、シンプルでフレッシュな、このおおらかな料理の通訳者であり創造主なのです:「彼の静脈には、オリーブオイルが流れている」

 

2007年、Hôtel de Paris Monte-Carlo (オテル・ド・パリ・モンテカルロ)の全てのレストラン(Le Grill / ル・グリル、Le Côté Jardin / ル・コテ・ジャルダン 、 La Salle Empire /ラ・サル・アンピール) のエグゼクティブ・シェフに任命され、彼の責任は非常に重くなりました。彼は今も、アイコン的なレストラン、Le Louis XV-Alain Ducasse (ル・ルイ・キャーンズ-アラン デュカス)のエグゼクティブ・シェフであり、ドミニク ロリーの効果的な協力を受けながらレストランを運営しています。