Eric Guillemaud (エリック ギュモー)

 

エリック ギュモーは、カジノ・ド・モンテカルロ内にある、Buddha-Bar Monte-Carloブッダバー・モンテカルロ の料理長です。レストランの建物は、荘厳で長い歴史を持つコンサートホールを改装したもので、今では世界的に有名なアジアンテイストの豪華な美食レストランになっています。

Eric Guillemaud chef du Buddha Bar Monte-Carlo

1978年モナコ出身。 このモナコ人の料理に向ける情熱は、幼い頃から周囲の知るところとなりました。

モナコホテルスクールの卒業生として、また地中海の住民として、エリック ギュモーは、色彩豊かで独創性に富んだ南部料理と文化に心を奪われました。

 

Monte-Carlo SBM(モンテカルロSBM) グループのHôtel de Paris(オテル・ド・パリ)の伝統的な料理学校を皮切りに、Thermes Marins de Monte-Carlo(テルム・マラン・ド・モンテカルロ) のヘルシーメニュー専門レストラン L’Hirondelle(リ・ロンデール)で訓練を受けました。

 

次に彼は、2軒の高級ホテル(洗練された美食で有名な5つ星のグランド・ホテル・パーク・イン・グスタード、およびミシュランガイド2つ星のエキゾチックな一流レストラン、レジデンス・ド・ラ・ピネード)で、彼の料理技術を完成させました。

その後、母国モナコへの愛情と豊富な経験を共有したいという思いが、エリックギュモーをモナコへと回帰させ、Sporting Monte-Carlo(スポルティング・モンテカルロ)Casino de Monte-Carlo(カジノ・ド・モンテカルロ) のレストランでその料理の才能を開花させることになりました。 

 

ブッダバー・モンテカルロのオープンに伴いエグゼクティブシェフに就任、その独自の料理の世界を披露 することになりました。エリック ギュモーは、情熱と現代性を通してヌーベル・キュイジーヌを再訪、味覚をくすぐるだけでなくビジュアル的にも洗練された精巧で心に残るレシピをお届けします。