Olivier Berger (オリビエ ベルジュ)

 

ペストリーシェフ – レストランHôtel de Paris (オテル・ド・パリ)

olivier berger

アッパーサヴォイ出身の オリビエ ベルジュは、モンブランのふもとのサランシェで、素晴らしいペストリーシェフとチョコレート職人とともに修行時代を過ごします。

 

CAP ディプロマを取得後、 フレンチパティセリーで働いた後、ジェノバのオテル・ボー・リヴァージュで美食に目覚め、その1年後には、サンテチエンヌのレストラン、ピエールガニエールに移ります。

 

1995年、 彼はアラン デュカスのもと、コミシェフとして、 Louis XV (ルイ・キャーンズ) のチームに加わる機会を得ます。次第に頭角を現していった彼は、1996年、フレデリック ロベールのあとを引継ぎペストリーシェフとして勤めますが、 2008年の1月、フランク セルッティ に請われ、Hôtel de Paris (オテル・ド・パリ) (Le Grill /ル・グリル、 Le Côté Jardin/ル・コテ・ジャルダン、 La Salle Empire/ラ・サル・アンピール) のペストリーシェフとなります。

 

彼のつくる、ケーキ、デザート、パン、ペストリー、ホームメードのチョコレートは、四季に調和した高品質の材料から作られています。