ヴィラ・ド・スポルティング

 

モンテカルロのスポルティング半島という理想的な場所にあるヴィラ・ド・スポルティングはモナコで前例のないヴィラを造ります。

モナコ公国の中心の海沿いにあるヴィラ:モナコの魔法を独り占めにする素晴らしい眺め。夏のスポルティングとロッカベラの間に位置する広大な土地に広がる、約500平方メートルの3つのヴィラで、最高の贅沢なサービスを提供します。

 

これらのユニークなヴィラは、豊かに広がり、松、ヒノキ、アトラス杉、美しいヤシの木の下で、豊かな植生の中にとけ込み、自然と一つになることができます。

 

先駆的な建造は、 クリスチャン・クローとトーラン・ジレが設計した革新的な建築の精神において、地中海の雰囲気の中で、質の高い環境に必要な要件に合わせて設計されました。

 

ヴィラ

3つのヴィラは、周りにある緑の空間と海が放つ静寂感に溶け込んでいます。海に続く丸みを帯びた形状と湾曲した地形を持つ夏のスポルティングの環境が、カーブをテーマとして選択した建築家にインスピレーションを与えました。

 

この計画には、ヴィラのレイアウトや家具も担当した設計者Olivier Antoine (オリビエ・アントワーヌ)に委託しました。外観ファサードの曲線も、死角を造ることなく様々なサロンの内側に伸びています。

 

3つのヴィラは、長期の滞在者様を対象としています。ヴィラ全体の均一性及び一貫性を得るために使用する原材料を一括して製作するため、マテリアルは慎重に選びました。床は全て大理石でできています。家具のほとんどは、カスタムメイドで、お部屋の丸みを帯びた形状に合わせました。

 

すべてのヴィラにはプライベートプールがあり、モナコ公国では唯一の海水浴場への直接のアクセス、そしてプライベートガレージがあります。

 

庭園

 

建物の無機質さと植生を調和することを願う造園家、Jean Mus ジャン・ミュス)の設計により庭園は、より本格的でくつろげる雰囲気を醸し出しています。

 

ジャン・ミュスは、 全体に一貫性を出すために、周りの景観と無機質な建築物(建物やその周辺)を融合させることを望みました。そのため、建築のデザインはそのままに、ヴィラのデザインは、緑豊かなエリアに位置しています。

 

 

  • サービス
  • オプションサービス
  • ヴィラの詳細説明
  • 庭園の詳細説明
  • 2つのヴィラは家具なしです
  • 1つのヴィラは家具付きです
  • 365日24時間体制のコンシェルジュ
  • ラグーン、モンテカルロ・ベイホテル&リゾートのフィットネスルームへのアクセス自由
  • 365日24時間体制のセキュリティ
  • サービス(電気、水、エアーコンディショナー)、インターネット、WIFI
  • 共有部分の緑のスペース、プール、プライベートガーデン
  • 執事
  • ホームシェフ
  • ハウスキーピング
  • クリーニング
  • ルームサービス
  • 運転手付きリムジン
  • モンテカルロ半島のヘリコプターステーションの使用(ご利用規約がございます)

ヴィラNo.1(家具なしヴィラ):居住スペース550 m²

1階:370 m²(リビングルーム、2ベッドルームとドレッシングルーム、2バスルーム、ダイニングルーム、ビデオラウンジ、ジム、キッチン、サービスエリア)

2階:180 m²(3ベッドルームとドレッシングルーム、3 バスルーム)

バルコニー、テラス:200 m²

専用地下:325 m²(プライベートガレージ、ローカルサービス)

 

ヴィラNo.2(家具なしヴィラ):居住スペース490 m²

1階:323 m²(リビングルーム、2ベッドルームとドレッシングルーム、2バスルーム、ダイニングルーム、ビデオラウンジ、キッチン)

2階:167 m²(2ベッドルームとドレッシングルーム、2 バスルーム)

バルコニー、テラス:170 m²

専用地下:300 m²(プライベートガレージ、ローカルサービス)

 

ヴィラNo.3(家具付きヴィラ):居住スペース650 m²

1階:353 m²(リビングルーム、2ベッドルームとドレッシングルーム、2バスルーム、ダイニングルーム、ビデオラウンジ、ジム、キッチン、ルームサービス付きサービスエリア)

2階:152 m²(2ベッドルームとドレッシングルーム、2 バスルーム)

バルコニー、テラス:276 m²

専用地下:547 m²(プライベートガレージ、ローカルサービス、アミューズメントスペース140 m²)

松の森林

 

松は元の状態のまま保存されています。ジャン・ミュスは、ヴィラの近くに地中海の雰囲気をそのまま強調しています。柑橘類の木を新たに植樹し、歩行者道路のアプローチが完成し、これらの木々が、訪れる人に素晴らしい色や香りをお届けします。

 

ヴィラの庭園

 

ヴィラはの開発は、既存の植生や庭園の豊かな植物遺産の保護と平行して行っています。ジャン・ミュスは、カナリア諸島のヤシを植えることで静寂さとエキゾチックさを強調しています。緑豊かな雰囲気の中にヴィラをはめ込むために植生を密集して行いました。

 

海沿いの傾斜に沿った庭園

 

アトリプレックス、トベラ、リモニアストラム、マスチックなどのように海沿いの代表的な植物と同様に波しぶきに適応できるよう、若いアレッポ松を植えました。 これらの植生は、裏庭では、多くの脆弱な種を保護していますが、特筆すべきは、素晴らしい景観にとけ込むよう海から野菜のファサードを造っていることです。