環境憲章 & レビュー

 

2007年6月、Société des Bains de Mer (ソシエテ・デ・バン・ド・メール)が制定した5年間の第一次環境憲章は、その後取締役会とゼネラルマネジメントの一部の強いコミットメントにより継続されることになりました。会長のジャン-リュック・ビアモンティは、2013年12月にMonte-Carlo SBM (モンテカルロSBM)グループの第二次環境憲章(期間:2013年-2016年)に署名しました。 

BeGreen(2)

Signature-charte-JL-Biamonti

 

過去7年間の省エネ効果

過去7年間で、以下の省エネ成果を達成しました:
- 水:2年分の消費に相当する1,167,000?以上の水
- 電力:負のカロリー、カロリー及び電力消費をそれぞれ34%、28%および7%(kW時)削減し、エネルギーコストの増加を大幅に抑制- ガス:2年分のガス消費量に相当する、600万kWh以上のガスを削減
- 紙:企業活動の活発化にもかかわらず、年9,500,000枚のA4用紙使用量が年7,100,000枚に、または年47トンが年35トン(-25%)に減少
再生紙を使用することにより、伐採されていない4,615本の樹木にあたる813トンの木材を節約!
- 廃棄物:301トンの紙、2,172トンのガラス、4.3トンの使用済み電池、及び48 立方メートル以上の電子廃棄物(DEEE)を回収 

第二次環境憲章の施行開始

今日、第二次環境憲章の施行開始によって、ソシエテ・デ・バン・ド・メールは、次のような財団とロードマップにおける重要な局面に入ります: 

- 直近の株主総会の際に発表した、CSR(企業の社会的責任)政策の段階的な実装 
- その主な施設でのビジネス固有の環境憲章の履行: Monte-Carlo Beach(モンテカルロ?ビーチ)は、すでに独自の憲章を持っており、まもなく Monte-Carlo Bay Hôtel & Resort(モンテカルロ・ベイホテル&リゾート)Hôtel Hermitage Monte-Carlo(オテル・エルミタージュ・モンテカルロ)、およびカジノ がこれに続きます。

企業憲章の9のポイント:

1.環境管理&認証(CSR方針、施設の憲章、グリーングローブ認証、新たな建設現場でのBREEAM基準、Thermes Marins(テルムマラン)のために検討中のISO 14001規格、統合された印刷設備用、Imprim’vert(グリーン印刷)認定証)

2.利害関係者の情報、自覚とコミットメント(持続可能な開発活動へのスタッフの自覚、クライアントのための「ビ・グリーン」広報方針、サプライヤーのための倫理憲章)
3.エネルギー消費量(エネルギー効率、エネルギー最適化、再生可能エネルギー)
4.水の消費量(ネットワーク・メーターのモニタリング、合理的な使用、水効率の良い設備と技術)
5.空気、雰囲気、トランスポート(クリーン自動車、カーボンフットプリント、二酸化炭素 排出量の削減)
6.生物多様性(無農薬政策、クロマグロ漁の禁止、地元の蜂蜜生産のサポート)
7.責任ある調達(エコラベル、有機、地元およびフェアトレード製品やFSCやPEFCラベルの付いた木材)
8.回収と廃棄物の分別(紙、ガラス、電池、電気&電子機器、電球、梱包材、油脂などの資源ごみのリサイクルと削減)
9.持続可能な改修と建設(環境へのインパクトを抑えるための、あらゆる工事現場用のBREEAM認証)

 

 

2007年4月に施行された、ソシエテ・デ・バン・ド・メールの第一次環境憲章は、一年毎に評価されました。

前年のレビュー:

2013/2014年度の、社会、社会環境報告書をダウンロードはこちらから

3年目のレビューをダウンロードする
2年目のレビューをダウンロードする
初年度のレビューをダウンロードする