グリーン・グローブ認定

 

2014年4月23日に、Monte-Carlo Bay Hotel & Resort (モンテカルロ ベイホテル&リゾート)Monte-Carlo Beach(モンテカルロ ビチ) ルレ・エ・シャトーは、グリーン・グローブ認定証を授与されたモナコで初のホテルとなりました。

 

証明証の取得は、Monte-Carlo Société des Bains de Mer(モンテカルロ・ソシエテ・バン・ド・メール)が最初の環境保護憲章を作成し、2007年から始めた「持続可能な発展」活動に対し、授与されました。グループは、それぞれに特性を持つ主要な建物に対し、12月に第2番目の環境保護憲章に署名、環境保護憲章を展開し、とりわけこの取り組みを洗練してきました。

 

2013年10月からMonte-Carlo Bay Hotel & Resort (モンテカルロ・ベイ・ホテル&リゾート)は、《ベイ・ビー・グリーンチーム》と称したチームを設置し、環境問題を議論し、環境活動をすすめています。

 

Monte-Carlo Bay Hotel & Resort (モンテカルロ・ベイ・ホテル&リゾート)は、2014年2月に、省エネルギーに役立つ100%照明の導入、電気自動車用の充電ステーションの設置、消費水量の制御、廃棄物管理など37の活動で構成された独自の環境保護憲章を作成しました。

 

「エコロジーはすべての人が考えていく問題です!皆が一丸となり、Monte-Carlo Bay Hotel & Resort (モンテカルロ・ベイ・ホテル&リゾート)では、環境を保護し、守られた環境がいつまでも続くよう、ライフスタイルや行動の変更に貢献し、行動する必要があります。今すぐ私たちが行動を起こさなければ、私たちが設立したばかりの環境基準(グリーン・グローブ)は忘れ去られてしまうでしょう!」とMonte-Carlo Bay Hotel & Resort (モンテカルロ・ベイ・ホテル&リゾート)の社長であるセルヒオ・マンジーニは語ります。

 

Monte_Carlo_Bay_Hotel Bay_BeGreen_team 

 

 

2013年6月から、Monte-Carlo Beach Relais et Châteaux(モンテカルロ・ビーチ ルレ・エ・シャトー)には、 « Beach goes bio ! »ビーチ ゴーズ ビオ!:海はオーガニックへ!)というキーアクションを核とする環境管理と証明に関しての35の活動で構成された憲章があります。

 

このように、エコサートから授与された「認定レベル3100%オーガニック商業レストラン」認定証の取得とともに、新たに星を獲得したレストランElsa(エルザ)の シェフPaolo Sari(パオロ・サリ)は、果物や野菜など現地生産品を使用した完全オーガニックメニューを提供しています。現在では、モンテカルロ・ビーチリゾート(resort Monte-Carlo Beach)にある様々なジャンルのレストランの原材料の90%が有機農業からのものです。 「短期的に、私たちの目標は、ホテルのグルメレストラン、フロアサービス、ミニバーやバーなどすべてのレストランサービスにおいて、Monte-Carlo Beach(モンテカルロ・ビーチ)を初の100%オーガニックのエコ認定ホテルにすることです。」とMonte-Carlo Beach(モンテカルロ・ビーチ)の社長ダニエル・ガルセロンが語ります。

 

最後に、Monte-Carlo Beach(モンテカルロ・ビーチ)は、とりわけ電力消費量に相当する再生可能エネルギーをフランス電力会社(EDF)にて購入など、その環境を考慮したエネルギー管理のために選ばれました。ご宿泊のお客様にも、電動アシスト付き自転車の設置を通して環境を考慮した移動手段を提供しています。

 

Monte_Carlo_Beachvelo_monte_carlo_beach 

 

 

インターナショナルプレステージラベルの基準の要件である、グリーン・グローブは、《グリーン》の位置づけとモンテカルロ・ソシエテ・デ・バン・ド・メールの施設の持続可能な観光を認定します。

 

グリーン・グローブは、ラグジュアリーな旅行や観光産業のために考案された国際的に認められた公認プログラムです。これは、リゾートやスパ、カジノといった様々なタイプの施設に適用できる《CSR》(企業の社会的責任)の基準となるものです。

 

このプレステージラベルの要件は、持続可能な開発管理、社会的/経済的側面管理、文化遺産管理、環境管理の4つのカテゴリに分類され、321の指標により持続可能な開発のための施設の活動を評価します。認証を得るためには、64の必須事項を含む179ポイントを必要とします。それには施設の社員教育、持続可能な建設、根源からのごみの削減及びリサイクル、生物多様性、顧客満足度、体の不自由な人の施設へのアクセシビリティなどが含まれ、多様な評価基準をクリアする必要があります。

 

モンテカルロ・ソシエテ・デ・バン・ド・メールの2つの施設は、両方とも基準の70%以上を満たし、認定されました。グリーン・グローブ認定は、継続的改善の精神にあるもので、活動計画もプログラムの目的を継続改善する目的で実施していきます。

 

これらのすべての活動は、公国の取り組みに沿ったものであり、積極的に任務として活動を行い、持続可能な開発への取り組みを実証し、お客様及びパートナーに対しこの取り組みをより高い価値を提供するモンテカルロ・ソシエテ・デ・バン・ド・メールの《持続可能な発展》戦略の一部です。

 

Green_Globe